栗しごと

ご無沙汰しております。

すっかり寒くなりましたね、冬も間近!

この季節になると、無性に栗の渋皮煮が作りたくなる
そして、毎年見事にタイミングを逃し続けてきたという・・・

今年こそは!と気合をいれたのに
近畿圏の栗は、ギリギリシーズン終了らしく、チーン。

でもすっかり栗気分になっていたので、諦められず、
今まだ旬の東北より、栗をとりよせました。

せっかくなので、とびっきりいい栗を!と
日本一の大きさ!で有名の、秋田県の西明寺栗
さすが~この大きさ見たことないわー、というサイズ

こちらを一晩、ぬるま湯につけて
鬼皮をむく

重曹いれて、茹でこぼして、筋取って
またまた茹でこぼして
最後はシロップを煮詰める

どれだけする事あるねんー
っていうくらい、手間暇かかるけど
美味しい渋皮煮を想像しながら~
ひたすら作業作業

頑張ったご褒美♪
渋皮煮の完成~

保存用もバッチリ
こちらは、ラム酒を効かせた大人用

まってましたー!と早速
あたたかいお茶をいれて、いただきまーす。

はぁ~、美味しい!上出来 上出来♪

スポンジケーキもついでに焼いて、マロンシロップをしみこませて、
トライフルも作ってみた、生クリームとの相性も抜群。

これから、渋皮煮使って、タルトやケーキを作る予定
栗を満喫しまーす。

2021年10月25日 | Posted in 季節の手仕事 | | Comments Closed 

関連記事