体のチカラになる備蓄

コロナ自粛中は
なるべく外に出なくていいように
備蓄をはじめています。

外出が規制されて
慌てて食料を買いに行く
スーパーは行列の大混雑
陳列棚がゼロ状態で大パニック

そのような状態になるのだけは避けたい!

だから今できることを、日々少しづつ準備しています。

まずは野菜のストックから
新鮮野菜が手に入るうちはいいけど
いざという時
スーパーに行けなくても慌てないように
野菜ポタージュの素を作りました。

我が家で、冬用にストックしていた野菜があったので、
それらを使って
(野菜は合いそうなものならなんでも大丈夫です。
あるもので作ってみてください)

家にある一番大きな鍋で
人参20本 かぼちゃ大2個 玉ねぎ6個 を柔らかくなるまでコトコト煮込む
鶏がら(処理済)が少しあったので、チキンブイヨンも一緒に煮出しました。(鶏がらがない方は、最後にブイヨンを足すといいですよ。)

野菜が柔らかくなったら、
鶏がらをとりだし、ペースト状にする。
岩戸の塩で味付をしたら、ポタージュの素完成!


半分は冷蔵庫、半分は冷凍庫へ

頂くときは、ブイヨン・牛乳・塩・バター等お好みで仕上げて
ポタージュスープにする

これで野菜ストック完成!

人参やカボチャに多く含まれるのβーカロテンは体内でビタミンAにかわり
粘膜や皮膚の健康維持、そしてのどや肺などの呼吸系を守る働きがあるそうですよ。コロナ対策にも役に立つ栄養素ですね。

ポタージュを煮込むコトコトも、ふんわり湯気も
心を緩めて優しい気持ちになれますよ~。

 

肉の冷凍ストックも必要だとおもったので、
GOODGOODMEETさんのグラスフェッドビーフを
http://meat.goodgood.jp/

ニュージーランド産の赤身の放牧牧草牛
グラスフェッドは放牧で牧草を食べ健康的に育っているので、穀物で育った牛より、断然栄養価が高いです。身も引きしまっているので、食べ応えがあり味が濃い。
1000年後にもたべられるように持続可能な畜産を展開しているお店です
今ちょうど、ウェブショップオープニングセールをされているので
とてもお買い得で買うことができました。

冷凍庫にグラスフェッドビーフを貯蔵したので
冷蔵庫には、味噌漬けポークを作って、保存しました

お肉を買ってきても、冷蔵だと長期での保存はできませんが
発酵させることにより、比較的長く保存が可能になります。

そのうえ、消化もよくなり、栄養価も高くなり、美味しくなるという
発酵は、いいことづくめです。

味噌漬けポークは
麹漬け講座と味噌活用法講座でお伝えしたやり方です
大量に作って冷凍もできるので、作ってくださいね~



備蓄といえば、缶詰やインスタントが多くなってきますが
こういう緊急事態は、心の不安やダメージが大きく
そのストレスから、体の栄養の消耗がより激しくなり
胃腸も弱りやすく消化吸収機能が下がります。

ニュースを見ているだけで、気がめいって疲れますよね・・・。


こういう時だからこそ!!
体に優しくて芯から温まるものを
ちゃんと体のエネルギーになるものを

蓄えたいですね。

いつもは忙しく時間がない方も
外出自粛で、必然と家にいる時間も長く時間もあります。

なので、この機会に、私たちの体の【チカラ】になる備蓄を
作ってみてくださいね。

【私の備蓄】いろいろとご紹介していきますね~


2020年03月28日 | Posted in 家族, 毎日ごはん | | Comments Closed 

関連記事