コツコツ備蓄

コロナ自粛で
取り急ぎの備蓄をしましたが

改めて我が家の備蓄を見直してみました。

ロックダウンや外出制限になるかも!という状況下でも
なぜかそんなに不安にとらわれる事もなく・・

それもそのはず

我が家には、普段からの備蓄がたくさん
1年を通しての季節のてしごとを中心に
コツコツ備蓄がたくさんありました。

我が家の手前味噌
4樽


昨年漬けた梅干し
梅ワゴンには梅ドリンクたち
そろそろ飲み頃です
工房冷蔵庫
上:塩レモン はちみちレモン
中:味噌 黒糖
下:柚子味噌 ゆずぽん

そしてなんといっても、この備蓄は欠かせません

伊吹いりこ


伊吹いりこは、最高にいい出汁がとれます。
お出汁だけにはとどまらず

いりこは貴重なたんぱく源です。
お肉やお魚が買いに行けなくなった時、頭から一匹まるごと
パクパク食べられます。

いりこは、アミノ酸ミネラルを豊富に含み、
保存食として、とても優秀です。

そして、良質のいりこは、そのまま食べてもとても美味しいです。
逆に言うと、そのまま食べて美味しいいりこから、美味しい出汁がとれます。

何があっても温かいお味噌汁が毎日頂けたら
人生なんとかなる!って思ってます。笑

日本のソウルフード お味噌汁は
体も整え、心も癒してくれますよ。

毎年当たり前のように1年をとおして季節の手仕事をしてきたわけですが
これほどまでに、心の安定につながるのだと、再確認しています。

これこそが
日本の先人たちが教えてくれた、よりよく生きるための知恵ですね。

そう思いながら今年も無事味噌づくりを終えました。

これで来年の味噌備蓄も完了!

いざというとき、慌てないように
1年をとおしての、コツコツ備蓄
お勧めです。

米種花の伊吹いりこ
ここ最近工房をピンポンして買いに来られる方多いです!
(来られる際は、必ず前もってご連絡くださいね。)

オンラインストアーからお買い求めいただけますので
こちらからもどうぞ。

2020年04月05日 | Posted in 発酵のある暮らし | | Comments Closed 

関連記事